2018年4月17日火曜日

「ゆるい世界の旅を終えて、30歳になりました by 上杉周作さんブログ記事」を読んで。

ひょんなことからたどり着いたブログ記事のメモです。

【ゆるい世界の旅を終えて、30歳になりました】
https://chibicode.com/jp/world-trip/

ここ1年くらい、胸の内で「どう読めば良いのか分からん…」と考え、糸口を探し続けてきたことに対して、まさにド真ん中で糸口が書かれてあったものです。

素直に、心の底から「なるほど」と感じました。この感覚は本当に久々。ありがたく(?)大いに僕自身の中に取り入れさせていただきます。


ここからは余談ですが、文中に出てくる「知的正直さ」という概念というか考えは、僕の持つ価値観に極めて合うものだと感じました。

「知的に正直に生き続けることの難しさ」は、僕自身、日々の生活(やインターネット上等で色々な事案を見ていて)で感じていることです。

何事に対しても正直であること、誠実であること、本当に難しい。不正直はやっぱり楽ですからね…。

ただ、正直な・誠実な人(たち)から信用・信頼されたいなら、まずは自分自身がそれを「持っている」ことが大事だと考えていますし、僕自身そうありたいと常に思っているのでございます(実際にそうあり続けていられているかどうかは正直微妙なところかもしれませんが…。)。

僕の”哲学”である「献身・誠実・尊重」を顧みさせてくれる、ありがたいひとときとなりました。ありがとうございました。