2018年1月13日土曜日

「愛ある”外の人”」が固定観念なしに事業を組み立てる効能

なんとなく青い鳥の形をしたウェブサービスを徘徊していたところ、こんなツイートに出会ったんですね。
で、これ本当にその通りだと思うので、ここぞとばかりに(他者の声に乗っかって)主張しておこうと考えた次第なのでございます。


ちなみに、そういった茹で蛙状態を払拭するために最も手っ取り早いのは、その会社や業界に対して何かしら思い入れのある その会社や業界に関係のない 人間が、固定観念なしに事業を組み立てることだと思うんですね。

その会社や業界に対して何の思い入れもなければ、大事なところで人の道を外れたり、「短期的には利益が出るが、結局業界を疲弊させて中長期的には寿命を縮める」ようなことを往々にして行ってしまうもの。

そして、会社や業界に深く関係があると、「変えなければならない要所」をガツンと変えられないものです。

例えば、過去あんなに殿様商売だった士業界に対して、強烈な危機感とサービス向上意識をもたらしたのは、”中の人たち”ではなくIT業からの進出者たちなんですよね。

(余談、そういう観点で見ると、自社や自業界のユーザーや愛好家の方々というのは最強の変革者予備軍なのかもしれない…と、ふと思いました。)


会社や業界の「歴史」が長くなれば長くなるほど、どうしても”中の人たち”の視野が狭くなってしまうのは致し方のないことです。

僕は「それってダメなことだよ」と言いたいのではありません。「人間にとって『慣れる』とはそういうものなのだよ」ということです。

その「慣れ」というものを上手くコントロールし、少しでも視野を広げられるかどうかということの重要性は、小規模事業者であっても変わらないものと感じているのです。

2018年1月6日土曜日

人口減少が火を見るよりも明らかな状況で、小規模事業者として今後をどう読み、どう動くのか?

某青いSNSでは、定期的に少子化(とその対策)についてのお話が盛り上がりますが、この年初も以下の記事で盛り上がっていたみたいですね。

【2018年にぶっ壊したい、少子化日本の8つの矛盾とは? by ハフィントンポスト】
http://www.huffingtonpost.jp/hiroki-komazaki/less-babies_a_23322151/


サーッと読んでみた限り、「まぁ、そりゃあこれら8点、たしかに可能な限りぶっ壊してほしいよね」という感想を抱くのは抱くのですが、僕として最終的には、「そもそも人口を増やす必要があるのかどうか?」という論点に行き着くのです。

「人口を増やさなければならない理由」としては、とどのつまり「人口が減ると、現状の経済(や社会保障)のシステムが立ち行かなくなってしまうと容易に予想される」ことが一番大きいですが、
  • 「もう人口減少に歯止めがかからないのは火を見ても明らかなんだから、そうなっても経済的に破綻しないように上手くやるにはどうすれば良いのか?」
という考え方を採っても良いのではないか、と。


ところで、この視点を小規模事業者の経営に当てはめてみますと、
  • 「日本国内でモノやサービスを作って日本国内で売る」というのは、どう楽観的に見ても市場が縮小していくと判断せざるを得ない。
    →これだけインターネットが発達して、金融技術も発達した今、「日本国内に居住しながら海外で稼ぐ」ということが十分に可能になってきている。
    →今後は「稼ぐ場所」「居住する(&子を産み育てる)場所」「遊ぶ場所」が同一でないといけない理由がどんどん薄れていく。
  • ただし、何だかんだ現時点で世界で3番目の経済力を持っている国であることも適切に評価する必要がある。
    →そんなに悲観ばかりしていても仕方ないですよ、と。「楽観的な現実主義」が大事な訳で、悲観していても未来は拓けないのです。
  • また、「世界最高水準の治安の良さ」を持っていることも高く評価する必要がある。
などの状況から、
  • まずは国内で利益を挙げて元手を作り、その元手を何らかの形で海外投資(株や債券などの金融資産としてでも良いと思いますし、海外販売という形で打って出るというのも良いと思います)に回す。
というのが策の1つになるのかな、と考えているところです。


もう少し従業員数が多かったり、資本力が大きい事業者であれば、日本のスポーツ界の試行錯誤に着目しても良いと感じています。

ものすごくザックリと、
  1. 若く有望な才能あふれる選手を国内リーグで一定のレベルまで育てる。
  2. 移籍金を残して海外リーグへ移籍。
  3. 一定の年齢になるなどしたら国内リーグ復帰・海外での経験を若く有望な才能あふれる選手に伝え、海外進出をより円滑に、そして背中を押す。
―といった形をぐるぐると回し始めているのを見るにつけ、「これってスポーツ以外でも応用できそうだよね」と感じている訳です。


いずれにせよ、上記でもサラッと書いたとおり、日本という国の「世界最高水準の治安の良さ」は胸を張って良いと思いますし、またこれを事業に活かさない手はないとも思っています。

このあたりぜひとも、財務や金融といった分野にも目を向け、小規模事業者としての「資産の使い方」「経営資源の配分の仕方」を試行錯誤していただければと願う次第なのであります。

2018年1月4日木曜日

2018年、明けましておめでとうございます。

こちらでの新年のご挨拶が少々遅れました。あらためまして、明けましておめでとうございます。天皇杯決勝の場に鹿島アントラーズがいない寂しさを噛み締めながら2018年が始まったにったです。

旧年中も例年に同じく、本当に多くの方にお世話になりました。関わっていただいた全ての方々に、心からの感謝を申し上げます。


2017年は、事業環境としてはただただ「堅調」の一言で終わる1年であったように思います。

その裏で、暗号通貨(仮想通貨)のビットコイン(XBT)価格が急騰したり、電子マネーの「推され」具合がこれまでになく強くなったり―と、財務観点で見るとなかなか大きな動きがあったようにも感じております。


さて、2018年ですが、
  • 2017年の堅調な環境が継続するのかどうか?
  • 暗号通貨や電子マネーがどの程度普及していくのか?
といったあたりを”小規模事業者の財務のおじさん”としては注目しているところ。

(巷で流行り(?)のフィンテックに関しては、「単純作業で自動化が可能なものはどんどん自動化すれば良いし、そうするのが至極当然のこと」と考えていますので、特別注視するような事項ではないと存じている次第です。)

皆様もぜひ、皆様が事業を行われている市場・業界にとってどういった1年となるか、「読み」を効かせていただければと思っております。


僕個人としては、2017年の方針(=これまでに積み上げてきたものを変わらず継続して積み上げていきながら、さらにそれをどのように昇華させるか)を手堅く遂行することができましたので、まずは2018年もこの積み上げを継続していきたいと考えております。

加えて、本年も新しい(これまでに受けたことのない種類の案件)オファーが来ておりますので、適度に(でも、しっかりと!)経営資源を割いて、新しい挑戦を止めることのないようにしていく予定でもおります。


…と、いつになく真面目な話をしましたが、基本的には本年も例年と変わることなく”ゆるゆる””ぐでんぐでん”な「財務のおじさん」「法務のおじさん」で在り続けますので、皆様には変わらぬ御愛顧のほどをいただけますと幸いに存じる次第なのでございます。

皆様にとっても本年が旧年中よりも良い年になりますよう、ささやかではありますが、心から願っております。