2017年8月28日月曜日

お金を「貯める」「使う」にもコツがあるのですよ、というお話など:経営管理&財務情報の仕入帳(17/8/28)

全てのキャッシュ(預金)を1つの口座で管理するのではなく、目的別に口座を作り管理するという手法がオススメのマネーハックとして紹介されております。

こちら、基本的には(事業等を行う訳でない、プライベートとしての)個人のお金の管理を想定して書かれておりますが、小規模事業者のキャッシュ管理の考え方にも通じるところがあると考えている次第であります。

(実際に僕が財務を担当する事業体では、目的別に口座を作るということを行っています。また、それによって「貯めるお金」と「使うお金」のコントロールがより主体的に行えるようになった方が大半だったりします。)

ちなみに、この手法を上手く行かせるには色々とコツがあったりもするのですが、必要な方は僕にお会いした際にでも(またはSNSのDMなどで)、その旨お申し付けいただければと存じております。

【節約上手への第一歩、目的別口座管理のススメ by lifehacker.jp】
https://www.lifehacker.jp/2017/08/170821_save_accounts.html


━━━━━━━━━━━━━━━
既存の事業・既存の取引先との関係のもとで蓄積した技術力・財務力・人材力を、積極的な(設備)投資で活かすことにより、業態転換等に成功した中堅・中小企業の事例が紹介されております。

小規模事業者の場合は大企業以上に、既存の事業が上手く回っている間に「次の事業」を育てておくことがとても大切となります。

見えていようが見えていまいが、事業環境は常に変化し続けている訳で、そういった中で既存事業が永遠に上手く回り続けるかというと、そうではないんですよね。

もちろん、上手く回っている既存の事業に悪影響を出すのは本末転倒ですが、バランスを見ながら積極的に次の事業に投資する(もちろん、そのためには内部留保の積み立ても大事です。)ことを、小規模事業者としては意識していきたいところです。

【社説/中小の事業転換−早期の決断と設備投資がカギに by 日刊工業新聞】
https://www.nikkan.co.jp/articles/view/00439794


━━━━━━━━━━━━━━━
Facebook社のOSS(オープンソースソフトウェア)のライセンスに関して、特許権に関する非係争条項が 炎上している 話題になっている とのこと、複数のブログで紹介されておりました。

法務の中の人としての感覚やリスクマネジメントなど、具体的なお話は下記リンク先のブロガーさん方にお譲りするとして、本ブログでは小規模事業者が受託(開発等)業務でOSSを利用する際にご留意いただきたいことを1点挙げておこうと存じます。

それは、
  • ライセンスの内容はどういったものなのか?を自分自身が十二分に理解しておく必要がある。
    →例えば開発後のソフトウェアにソースコードの公開要求が伝搬されるもの(GPLなど)などについて、事前に委託者側の理解と同意を得ておくことが望ましい。
ということです。

事前に同意を得ていないと最悪の場合、損害賠償請求や契約解除ということになってしまう可能性があるためです(例えば前述のGPLの場合ですと、「ソースコードを公開することを前提としていない条件で委託したにも関わらず、その条件が守られなかった」となったりする訳です。)。

(余談ですが、上記文章では「事前に委託者側の理解と同意を得ておくことが”望ましい”」という表現を使いましたが、仮に僕が法務部門を担当している事業者の方が受託(開発等)業務でOSSを利用するとなった場合には、”望ましい”ではなく、「事前に委託者側の理解と同意を得て”ください”」とお伝えする事案であります。)

つきましては、
  • OSSのライセンスの内容は十二分に理解しておくこと
  • 受託(開発等)業務で利用する場合には、事前に委託者の同意を得、契約書で明文化しておくこと
の2点、必ず押さえておいていただければと願う次第であります。

【Facebookの特許条項付きBSDライセンスが炎上している件について by こんぴゅ┃note】
https://note.mu/konpyu/n/nc0d2f49676ba
【FacebookがOSS規約に設定した「非係争義務」 by 企業法務マンサバイバル】
http://blog.livedoor.jp/businesslaw/archives/52499505.html
【FacebookのBSD+PATENTSライセンスについて by 企業法務について】
http://katax.blog.jp/archives/52770400.html

2017年8月21日月曜日

「好きなことで、生きていく」はなかなか難しいことなのですよ、というお話など:経営管理&財務情報の仕入帳(17/8/21)

十二分に”食べていけている”フリーランス(個人事業者)の方々がどういった傾向を持っているかについて、5つのポイントが挙げられております。

そのどれもがその通りだと思うもので、全く異論の余地がありませんが、特に『【POINT 2】「趣味を仕事にする」のはなかなか難しい』について(※)、独立希望の方に勘違いされている方が多かったりするのでご留意いただければと存じるところです。

(※数年前に流行った(?)「好きなことで、生きていく」もこれに含まれます。)

注釈しておくと、決して「好きを仕事にして生活していくのは無理」ですとか、「好きを仕事にしたらダメ」と言いたい訳ではありません。

その「好きなこと」に関して需要があることを発掘し、それに関する専門性を高め、適切なターゲットに供給することができるかどうかが肝で、そしてそれはなかなか根気が必要な作業になるよ、ということでございます。


「事業」というのは、「何かしら顧客に対する貢献をし、それに対して適切な対価を得ること(また、それを継続すること)」なのだということをあらためて確認しておきたいです。

【【年収1000万円超えも!】フリーランスで稼ぐための5つの鉄則 - 会社を辞めて食べていけるかどうか、分かれ目はどこに? by 投信1】
http://www.toushin-1.jp/articles/-/3941


━━━━━━━━━━━━━━━
フリーランスのサポートをしている「AND CO」というサービスが、世界中のフリーランサー(と言っても対象人数は数百人ですが…)を対象に包括的なアンケートを行ったとのことで、その結果の中から「10点の興味深い項目」が紹介されております。

僕としては、「1.フリーランサーの多くが新規参入者である」という点に関して、
従来型の働き方から独立した働き方への移行現象が、ここ数年で活発化していることを如実に示すものです。
という考察がなされているあたりは「どうなんでしょうねぇ…」と思うところ(※)ではありますが、それ以外については概ね頷けるお話となっているように感じている次第です。

※企業や個人事業者の3年生存率や5年生存率、10年生存率を考えるとこれが平常値な訳で、このデータだけで「ここ数年で活発化している」と言い切るのは難しい感覚がある、ということでございます。

既に開業済みの方にとっても、これから開業する方にとっても、興味深い内容となっておりますので、ぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか。

【世界中のフリーランスに共通する驚くべき10の事実 by lifehacker.jp】
https://www.lifehacker.jp/2017/08/170816-10-suprising-stats-about-todays-independent-workforce.html


━━━━━━━━━━━━━━━
ここ数年、LINEをはじめとしたメッセージ(チャット)アプリの利用率が老若男女問わず高まっています(というか、LINEに関してはインフラとして定着しつつありますね。)が、その運営方法によっては「出会い系サイト」に該当する場合があることを指摘している記事です。

新しいサービスを「作る側」である小規模事業者としては、以前本ブログでご紹介したマイクロレンディングサービスの記事でも書いた通り、できる限り早い段階で法令を確認しておくということが肝要ということをあらためて頭に入れていただければと願う次第であります。

※具体的にどういった場合に該当するのか?などの説明は下記リンク先(と警察庁のサイト)をご覧いただければと存じます。

【「チャットアプリのつもりだった」経営者逮捕…なぜ「出会い系アプリ」と判断された? by 弁護士ドットコムニュース】
https://www.bengo4.com/c_1009/n_6506/


━━━━━━━━━━━━━━━
リクルート社が、じゃらんnetの顧客企業・顧客事業者向けに「少額・短期」の融資サービスを開始する模様です。

じゃらんnetで得られる予約情報を与信審査に活用するとのことで、これはホットペッパーやゼクシィなどの他サービス(他業種)でも転用が可能ですし、今後横展開させていくことが容易に想像されるところであります。

さて、実際に小規模事業者が融資を受ける側として気になる点は、
  • 少額というのがどの程度の金額を指すのか?
  • 短期というのがどの程度の期間を指すのか?
  • 利率等はどの程度になるのか?
といったあたりとなりますが、8月末のサービス開始に合わせてこのあたりの具体的な情報が出てくるのでしょうか。

差し当たり、宿泊施設を営む小規模事業者の方は、どういった条件のサービスとなるのかチェックしておいても損はないように感じる次第です。

【フィンテックが可能にする新金融サービス リクルートが貸金業に進出 by 財経新聞】
http://www.zaikei.co.jp/article/20170814/392058.html

2017年8月14日月曜日

経営者の仕事は「儲けること」ではなく「儲かる体質」を作ることなのですよ、というお話など:経営管理&財務情報の仕入帳(17/8/14)

下記リンク先ページの
儲かる体質になっているかどうかを、経営者としてきちんと見極めなければいけない
という言葉、本当にそのとおりだと感じるところです。

経営者・事業者の仕事というのは、「儲けること」ではなく「儲かる体質を作ること」だと言っても過言ではないと存じております。

その儲かる体質をどう作るか、どう進化させていくか、というところで、
  • どういった物事に時間や金銭を投資するか
  • どういった物事に時間や金銭を使うことを止めるか
といった判断が必要になってくるのですが、その判断のために利用するのが(管理)会計というツールである訳です。

小規模事業者の皆様、今ご自身が取り組んでいる物事について、「どれだけの時間や金銭を使っているか」「どれだけのリターンがある(または、予測される)のか」「それは時間や金銭を使う価値があるのか」といったことを認識できておりますでしょうか?

ぜひ一度、「日々の業務」を振り返っていただければと存じる次第であります。

【物流改善事務所 黒澤社長 「自社の決算書は疑ってかかろう」 by 物流ウィークリー】
http://www.weekly-net.co.jp/logistics/post-13590.php


━━━━━━━━━━━━━━━
下記リンク先ページでは、ベンチャーキャピタル(=投資家)の目線から見た「成功する企業」と「失敗する企業」のそれぞれの特徴について書かれていますが、これらは小規模事業者にも参考になるものと感じる次第です。

ベンチャーキャピタルが絡むと、どうしても彼らに一定の利益(端的にいうと上場すること)を残さなければなりませんから、自然と失敗する可能性を高めてでも「大きな成功」を得るためにハイリスクを選択する傾向となります。

逆に、そうではない、小規模事業者の場合は、「大きな(致命的な)失敗」を回避する優先度を高く、まずはローリスク(or ミドルリスク)・ミドルリターンを選択する傾向となるのですが、この場合に
「勝敗は兵家の常」であり、これまで述べたタイプの社長が率いる会社であっても、成功に至らないケースは多々あります。ただ、この場合、成功には至らずとも失敗するケースは少ないように感じます。
というお話が活きてくる訳です。

  • 経営者/事業者として人間的な魅力を持っているか?
  • 突き抜けた能力やアイデアを持っているか?
の2点、常に意識しておきたいところです。

【いいベンチャーと悪いベンチャーの見分け方~元投資担当者の視点 by 投信1】
http://www.toushin-1.jp/articles/-/3882


━━━━━━━━━━━━━━━
匿名組合契約を用いた投資型クラウドファンディングサービスをソニー銀行が開始するとのことです。

これまで匿名組合契約を締結するクラウドファンディングサービスというのは数える程しかなかったですし、そういった点も含め、僕の感覚ではなかなか面白いところに目を付けてきたものと感じております。

小規模事業者としても、資金調達の手段が広がる点において大いにメリットとなるお話です。今後の財務運営において、選択肢の1つとして頭に入れておきたいところであります。

【ソニー銀行、個人向けベンチャー投資型クラウドファンディングサービス「Sony Bank GATE」を開始 by fabcross】
https://fabcross.jp/news/2017/20170810_sonybank_gate.html


━━━━━━━━━━━━━━━
消費者庁がガンホーとグリーに対して景品表示法違反(不当表示)に基づいた措置命令を行ったとのことです。

IT/非ITの業種の別を問わず、広告や販売のために様々な仕掛けや工夫を凝らすことは至極当然の努力となっている昨今ですが、そのあたりの手法の進化とともに、景品表示法に抵触するケースが増加しているようにも感じているところであります。

小規模事業者であっても、一般消費者と直接取引を行う(いわゆるB to C)企業は消費者関係の法令を無視することができませんので、事前の法務チェックを怠らないようにしていただければと存じる次第であります。

【消費者庁、景品表示法違反でガンホーとグリーに措置命令 「パズドラ」などで不当表示 by ねとらぼ】
http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1707/19/news119.html

2017年8月7日月曜日

「交際費とは、ただ遊ぶためだけに使う費用だ」なんて思ってしまっていませんか?というお話など:経営管理&財務情報の仕入帳(17/8/7)

被雇用者の方の中には「交際費」と聞くとマイナスのイメージが湧く方もおられるようですが、小規模事業者にとって交際費は「人への投資」であり、今後独立開業を考えておられる方にはぜひそういった捉え方をしていただければと存じるところであります。

規模の大小を問わず、経営や事業が上手くいっている方・持続的な成長を遂げておられる方というのは、この「人への投資」が本当に上手いと感じます。
  • 一見無駄に見えるようなものでも、「人」が関わることについてはしっかりとお金や時間、時には労力を使い、存分に”ギブ”する。
  • ただしそれを「完全な無意義」にすることなく、何らかの”テイク”(このテイクにはお金以外の物事も含まれます。)もしっかりと受け取る(逆に言えば、「受けた恩を返す」価値観のある方としか付き合わない―というのもありますが…)。
このサイクルを回し続けている方が大半であるように感じるんですよね。

結局彼らは、「1円を使って何を得るか」「1秒を使って何を得るか」を四六時中意識しているということだと理解しておりますが、この考え方、小規模事業者(また、今後小規模事業者になる方)としては大いに見習いたいところであります。

【あなたの会社の交際費、増えていますか?―増加傾向の交際費だが、接待の内容には変化も by 投信1】 http://www.toushin-1.jp/articles/-/3856


━━━━━━━━━━━━━━━
個人事業(フリーランス)の場合、雇用関係とは異なり公的保険による保障のレベルが低下することと、保険料(国民健康保険や国民年金保険)の負担が基本的には大きくなることが多い点に改めて留意したいところです。

特に、「働けなくなった時」の保障の違いが極めて大きいので、原則として内部留保を軸に、不足の部分は民間保険を組み合わせて―という形で、適切にリスクをコントロールしておく必要がある訳です。

仮に今後フリーランス向けの団体保険制度が創設されたとしても、被雇用時ほどの保障が受けられるとは限らないと予測しておりますので、そこに依存しない形で自分自身の財務施策を構築していただければと存じる次第であります。

【フリーランス1000万人突破 憧れの「独立」が抱えるリスク「薄くなる社会保障」 by ZUU online】
https://zuuonline.com/archives/164315


━━━━━━━━━━━━━━━
フランチャイズ本部との契約内容(法務面)以前に、自分自身がどういったプランで事業を進めたい(店舗運営したい)のかを、きちんと整理・把握できているかどうかが重要ではないかと感じるところです。

その自分がイメージしたプランに対して、「必要なものを提供してもらえるか?」「プランが非現実的である場合に適切な修正を促してくれるか?」などといったことが、どのフランチャイズと契約するかのポイントになると考える訳です。

それらを自分自身で考えていない場合、率直に言って「雇われ店長」と変わらないものになってしまいますし、それでいて大きなリスクを負うというのは、小規模事業者としては「投資に見合わない」のではないかと感じてしまう次第であります。

【「脱サラしてFC店を立ち上げたい」どんなメリットやデメリットが? by シェアしたくなる法律相談所】
https://lmedia.jp/2017/07/28/80559/


━━━━━━━━━━━━━━━
顧客(海外旅行客)の間で混乱が広がるなど、大きな話題となったてるみくらぶの破産事案ですが、行政としても再発防止のための規制強化を打ち出す方向とのことです。

こちら、第1種旅行業者が対象とのことですので、小規模事業者で該当する事業体は少ないとは思われますが、一応ざっくりと箇条書きで抜き出しますと、
  1. 観光庁に毎年、決算申告書や納税証明書を提出させる。
  2. 経営悪化や不正行為に関する通報を受け付ける窓口(第三者機関)を新設する。
  3. 登録更新時の提出書類について、公認会計士や税理士が正当性を確認する手続きを導入する。
  4. パンフレットなどの広告において、前払い金の使いみちや必要な理由を明記するようJATAのガイドライン改訂を要請する。
  5. 破産時の返金に充てられる弁済金と旅行会社の分担金について、その水準を引き上げる。
の5点となりそうです。

一言で言えば「健全な財務運営を行ってくださいね」というものとなっておりますが、持続可能な経営を達成するためには至極当然のお話ですし、そういう意味では大半の事業体にとっては手続きの負担をどうしようか、というお話に収束しそうな感覚も仄かに持っているところであります。

(「5.」に関しては財務施策のお話となりそうなので注視が必要であるようにも思いますが。)

該当する小規模事業者としては、流れだけでも追っておいて損はないように感じている次第であります。

【旅行業経営、監視強化へ=毎年決算提出、通報窓口も-てるみ破産受け・観光庁 by 時事ドットコムニュース】
https://www.jiji.com/jc/article?k=2017080200803&g=eco

2017年7月31日月曜日

「確証バイアス」って知っていますか?というお話など:経営管理&財務情報の仕入帳(17/7/31)

「確証バイアス」について簡単に説明されている記事です。

この方は投資家の方なので株式のトレードを例にして説明していますが、投資家だけでなく、経営者や事業者であっても同様の行為を往々にしてやってしまうものではないかと感じている次第であります。

(例えば財務だと、出てきた数値を自分に都合よく解釈したり、そもそも数値を出す過程で自分に都合よくいじったり…などといったことが挙げられますね。)

意思決定(また、そのための情報収集や分析)の際には、自分自身が確証バイアスにかかっていないかどうか、その都度チェックしていきたいものです。

【大含み損の心理。 by 休むも相場。】
http://araizumic.blog.jp/archives/2747973.html


━━━━━━━━━━━━━━━
いくら技術や実績があったとしても、その技術が売れなければ売上や利益はあがらない訳で、そういう意味では「顧客がいるかどうか(または、顧客がつきそうか)」という点が重要であるという筆者の意見に賛同するところではあります。

ただ、それは第一段階(事業開始当初)のお話で、結局は何らかの技術を持ちそれに伴った実績を蓄積していかなければ、「一旦得た顧客が離れていく」ことになってしまいます。

ですので、決して「営業提案がひたすら上手ければそれだけで食べていける」という誤解のなきよう願う次第です。

ここからは余談ですが、
ちなみに、独立してうまくいかないタイプは、自分のやりたいことが強すぎる人、自分のスキルについて過剰に自信を持っている人である。
という点も、僕の拙い経験上ではその通りになっている方が多いように存じます。

小規模事業者としては、「自分のやりたいこと」や「自分の中で自信のある技術」を上手く「市場での需要」と擦り合わせていきたいところであります。

【「スキル」「実績」がなくても独立できる人とは?  by ITmedia ビジネスオンライン】
http://www.itmedia.co.jp/business/articles/1707/21/news017.html


━━━━━━━━━━━━━━━
米国ITベンチャーの「やりがい搾取(※)」について、その実態を見てきた筆者が意見を述べている記事となっております。

※自社の社員(特に、若い社員)の仕事に対するやりがいを、耳障りの良い言葉を用いて上手く高めはするものの、賃金や労働環境などといった基本的な労働条件は最低レベルしか提供せず、そういった社員をただひたすらに疲弊させていくことを指しています。

この「やりがい搾取」ですが、決して米国ITベンチャーだけに起こっているものではなく、日本でも(意識的か無意識的かの別を問わず。また、大企業か中小企業の別も問わず。)多く見られるように感じます。

僕としては、「夢」だとか「やりがい」というのは各個人の胸の内からふつふつと湧いてくるものであって、他人(経営者や管理者など)から言われて想起するものではないように思うんですよね。

そして、そういったものが想起されるのは「十分な生活」ができているからこそであって、社員の基本的な労働条件も満たすことができていないにも関わらず「夢」や「やりがい」に焦点を当てるというのは、詭弁と言っても過言ではないように感じてしまう次第なのであります。

『「夢」や「やりがい」を持て』と社員に説教する前に、基本的な労働条件を十分に満たせているか?』、経営者・事業者としては常に留意していたいところです。

【米国ITベンチャー「やりがい搾取」の実態 - 若者を雇う理由は「安いから」 by PRESIDENT Online】
http://president.jp/articles/-/22607


━━━━━━━━━━━━━━━
経営者や事業者が引退についてのアレコレを考え始める際には、まずはじめに、既に「子が跡を継ぐのが自然な流れ」という時代ではなくなっており、「子には子の、やりたいことや人生(設計)があるのだ」ということを理解する必要があると考えております。

その上で「じゃあ、どうするのか?」というのが"事業承継"のスタートではないかと感じる次第なのであります。

【年間7万社が後継者不在により廃業。日本の町工場も例外ではない by HARBOR BUSINESS Online】